MC BATTLE HACKER

MCバトルを1万試合以上観た生粋のバトルヘッズである筆者が、自身が観たMCバトルの紹介をしていくサイトです! バトルビートの紹介や、ラッパーの紹介もしていくのでよろしくお願いします!!

バトルだけではなく音源も聴いて一人前のMCバトルヘッズになりましょう!


本日は、「THE罵倒2017本戦」のLick-G対輪入道の延長戦前で使用された非常に味のあるビート。


「Youth Era feat GOKU GREEN,kZm&KIANO JONES」を紹介していきます!


スクリーンショット 2018-11-06 21.26.29



ベストバウトを生み出した名ビート

まずバトルヘッズにとってこのビートが一躍有名になったのは、上記に挙げた「THE罵倒2017本戦」のLick-G対輪入道の試合だと思います。



 
(15:00から確認できます。)


 
(恐らく消されると思いますが、現在、上の動画で全て見れます。)

この試合の最後の小説でLick-Gは前代未聞の首振りだけで小説を使うという荒技を行い、観客を沸かせます。

のちにこの様子は音と同化すると言われ話題になりました。


Lick-Gは復帰戦だったにも関わらずこの勢いのまま大会を制覇します!



ちなみにこの大会の決勝戦の「Lick-G vsBASE」の試合のビートもかなりのベストバウトビートなのですがそれはまた次の記事で紹介していきます。


元は何の曲?

非常に素晴らしいビートですが、元は「Youth Era feat GOKU GREEN,kZm&KIANO JONES」という曲で、アマゾンプライムに登録している方であれば無料でダウンロードして視聴することができます。


アマゾンから購入もできます。




この曲は、タイプライターとYMGという二人のHIPHOP界の著名なプロデューサーによるタッグプロジェクトによって作られたアルバム「LA LA PALOOZA」に収録されている曲の中の一つです。


このアルバムの中には、バトルしか聞いたことのない人でも名前を聞いたことがあるほど有名なラッパー
「KOHH」や「AK-69」だけでなく、フリースタイルダンジョンのラスボスでおなじみの「般若」や「T-pablow」などに加え、他にもここでは書き切れないほど有名すぎるほど有名なラッパーがコラボ曲を歌っている。

非常に聞きごたえがある作品となっているので、もしまだ聞いてない人はぜひ購入して聞いてほしいです。



Youth Era feat GOKU GREEN,kZm&KIANO JONESが使用された他のバトル

このビートというと「Lick-G vs 輪入道」イメージが強すぎるのだが実は他のバトル人も使用されています。

その一部をここで紹介していきます。


・「SHOICHIRO vs YMAX」 MRJフライデーダイジェスト


 
(1:24から見れます)
最近、呂布カルマに似ていると話題のSHOIHIROというラッパーのバースが見どころです。

確かに呂布カルマそっくりなのですがポエトリーなバースは非常に聞いていて楽しいので今後もスタイルを貫いて欲しいところです。


・「あおたかvsライコ」(凱旋東西選抜予選 1回戦&ベストバウト)


(10:07から聞けます)

このバトルでは京都レペゼンのライコが良いバースを蹴っているので注目です。

キョンス、ミメイ、RACKに続き、次の京都を背負って立つMCが誰か非常に楽しみです。


凱旋とMRJとまだ戦極など大きな大会には使用されてないみたいですが、このビートは確実にベストバウト確実ビートになるポテンシャルを秘めたいると思います。




まとめ

・Lick-G vs 輪入道戦(罵倒2017本戦)に使用されたビートは「Youth Era feat GOKU GREEN,kZm&KIANO JONES」

・「Youth Era feat GOKU GREEN,kZm&KIANO JONES」はタイプライターとYMGというプロデューサーによって作られた「LA LA PALOOZA」というアルバムの中の一曲

・まだMCバトルには多く使用されているわけではないがベストバウトビートになるポテンシャルは秘めている。


以上です!それではまた次の記事でお会いしましょう!






























どうも、MCバトラー名鑑です!

本日はMCバトル界で注目の若手ラッパー「TERA_Z」の魅力に迫ります!


スクリーンショット 2018-11-03 14.29.12




TERA_Zのプロフィール

・本名・・・本人があまり公表したくないようなので不明にします。

・年齢・・・20歳(1998年生まれ)

・大学・・・神奈川のジムが無料で鶴見川の近くの大学(無料のジムしか利用しない模様)

・出身・・・神奈川県川崎市

・身長・・・178cm(推定)

・体重・・・74kg

・趣味・・・トレーニング(ベンチプレス90kg)

・Twitterアカウント・・・https://twitter.com/m39723777

・Instagramアカウント・・・https://www.instagram.com/tera_zzz/?hl=ja









なんと1998年生まれの20歳のラッパーです。(9forやストローム、TERUと同い年です。)

見た目は完全に20代後半なので、最初に年齢を知った時は非常に驚きました。




(5:02からTERA_Zのインタビューが聞けます。八文字さんもTERA_Zの年齢を聞いて驚いていますw)
 



TERA_Zの特徴。


フロウの名手

TERA_Zのバトルの特徴として、非常にレゲエ感溢れる聞き心地の良いフロウを使うのが特徴です。

鎮座DOPENESSのように全く予測不可能とまではいかないものの、

聴衆を飽きさせない多種多様なフロウでバトルをするので、彼のバトルは音源のように聞いてて楽しいも

のが多いです。 


韻にはそこまでこだわらない


前述の通り、TERA_Zはフロウに特に秀でていて韻にはそこまでこだわっていない印象を受けます。

どちらかというとバトル中に自然に出てくるフレーズに、もし韻を踏めたら踏むという自然な踏み方をし

ていて、8小節のケツに韻を踏んで落とすという大阪の若手ラッパーのスタイルとは離れています。


バトルはピースなことが多い


TERA_Zは本人の性格に依拠することが多いのかもしれませんが、バトル中にバチバチでやっているのを

ほとんど見たことがありません。

バトル中、終始笑顔なので見てて非常に癒されます。

本人もバトル中、あまりに周りがバチバチなバトルをしていることに対して、「バッカじゃねーの?」と

言うなど、バトル中でガチの雰囲気になるのはあまり好んでいない印象を受けます。



(1:42秒からその発言を確認できます。)





百足とのバトルで炎上?

彼のことを語る上で欠かせないのが、凱旋MCbattle.NEWgenerationで行われた百足とのバトルです。


問題のバトル動画↓

 

「百足」についての記事↓
00世代のラッパーで個人的に注目しているラッパーをまとめてみた!


普段、TERA_Zの動画には彼のフロウやバトルスタンスに賞賛のコメントが多いのですが、

このバトルの動画では、百足のバース中、小馬鹿にしたような態度をとる彼のスタンスに、「キモい」や

「ダサイ」と言ったコメントが目立ちました。

スクリーンショット 2018-11-03 12.40.16



スクリーンショット 2018-11-03 12.44.57


しかし、同時に普段の彼のバトルで見られない相手に対する熱いスタンスや、

対戦相手に対してのバチバチな態度に賞賛のコメントもありました。


スクリーンショット 2018-11-03 12.44.47


管理人の感想としては、バトル中のスタンスがどうあろうとどちらのラップがイケてるかでバトルの勝

敗はつくと思っているので、対戦相手のバースを真面目に聞く必要は特にないと思っています。

なのでTERA_Zのスタンスをどうこう言うコメントがあるのはイマイチ理解できません。

単純にこのバトルは百足のラップがカッコよかった。それで十分だと思います。


スクリーンショット 2018-11-03 12.41.07


実際、動画の評価見ても、ほとんどがバトルに対して高評価をつけているので、表面化したネガティブな意見はほんのわずかであったことが確認できます。


TERA_Zの意見としても、百足に対して特別な態度というよりも、普段川崎の草バトルでもバチバチにやることがあるので、それが視聴者の目には奇異に映っただけかと思われます。





管理人が選ぶTERA_Zのオススメバトル3選!!


①TERA_Z vs ONO-D/U-22 MC BATTLE 第3次予選(2018.3.25)




管理人が最初にTERA_Zにハマったバトルです。

当時、すでに若手MCの中で一躍、時の人となっていたONO-Dのバトルを観に来た視聴者の方が多かった

と思われますが、PEKO BEATSの速いBPMのテンポに出だしから完璧に音に乗るTERA_Zのビート

アプローチに度肝を抜かれました。


スクリーンショット 2018-11-03 13.07.56

(このような感想を抱いた視聴者も少なくないはず)


このPEKO BEATSは数々のベストバウトを作り出すのですが、個人的にこのバトルが最もこのビートの良

さを引き出したバトルだと思います。


PEKO BEATSが使用された他の有名なBATTLE一覧⬇︎


「9for vs じょう」



「K-razy vs キョンス」





②TERA-Z vs MC龍/公式ベストバウトU-22 MCBATTLE 第5次予選(2018.6.28)







ONO-D戦でTERA_Zの凄さに気づいた視聴者の期待を確信に変えた試合がこの一戦だと思っています。

対戦相手のMC龍も、今やNAIKA MCに続き群馬を代表するMCとなっており、今のバトル界を席巻している話題のラッパー「百足」に何度も勝利している確かな実力を持ったラッパーです。

BEATはWAZGOGG氏の製作した「Impact」というビートで、このビートものちに数々の名バウトを作り出すビートです。


「WAZGOGG-Impact」




「Impact」が使用された他の有名なバトル一覧⬇︎

「SAMvsID」



「SHOHEI×Qoredy vs 炙×A-zell | ADDVANCE MC BATTLE 2 on 2」




このバトルで特に盛り上がったのが、TERA_Zの2バース目の音ハメです。(1:02から確認できます)


WAZGOGGビートで音が消える瞬間のタイミングに合わせて言った「TERA_Z Perfect human!」

というバースがこの試合最高の盛り上がりを見せました。いわゆる「音ハメ」というやつです・


試合全体を通してTERA_Z特有の相手を食ったようなスタンスでMC龍を完全に翻弄しているのが観て取れます。

何よりTERA_Z本人がこのバトルを一番楽しんでいるのが伝わってきて非常にピースなバトルです。


最終的にMC龍が「TERA_Z強すぎる」とある意味敗北宣言に近いことまで言うに至っているのでいかにこの試合のTERA_Zがヤバかったかがわかります。


スクリーンショット 2018-11-03 13.20.27

上のコメントが視聴者の多くの気持ちを代弁しています。



TERA_Zはこの大会はこの勢いのまま決勝まで進み、惜しくも枚方レペゼンのTERUに敗北していますが、見事準優勝でU-22の出場権を勝ち取っています。



③TERA_Z vs 9for-渋谷路上バトル(2016/09/08)




2年以上前のバトルで、TERA_Zの名前がほとんど知られていなかったことのバトル動画です。

同じ神奈川県でかつ同い年の9forは当時からある程度名前が知られていたのでこの動画も多くは9forを観にきた視聴者の方が多いと思われます。

しかし、9forの押韻を確実に決めてくるスタイルに対し、TERA_Zはこのころから超高校級のフロウを見せ、一歩も引かない試合ぶりを見せています。

ザ・スタイルウォーズといった感じです。

このバトルで惜しくもTERA_Zは負けてしまいますが、このバトルを見た方は確実にTERA_Zというすごいラッパーがいるということを記憶に残したことでしょう。

約2年間の歳月がたち、今では誰もが知る若手の代表的なラッパーになったTERA_Zですが、

このころからフロウに関して天賦の才を見せていたと思われます。

同い年で出身も神奈川県と同じ地域の9forとはかなり仲が良いみたいで、実家に遊びに行くほどの仲です。


「9for vs TERA_Z」




これは1年後に再びTERA_Zと9forが相見えたバトルの動画です。

バトル中でも仲よさそうな様子が伺えますw。




TERA_Zの今後



TERA_Zは2018年の8月20日時点でバトルに対する情熱が下がっていることをツイッター上で告白しました。

このツイートは8/16に行われたMRJ一周年2on2の後のツイートで、実際それ以降、大きなバトルは1ヶ月以上出ていなかったと思われます。(もしかしたら管理人の確認不足かもしれませんが・・・)





SCHOOL of RAPに出場!

均衡を破ったのは9/30日の「SCHOOL of RAP」です。この大会はKOKというUMBに並ぶ大きなMCバトルの大

会の若手出場枠を勝ち取れるもので、若手のラッパーにとっては非常に大きな位置付けの大会になっています。

この大会にTERA_Zは出場し、見事セミファイナルまで駒を進めています。(準決勝では惜しくもがーどまんに敗れました。)


以下、YouTube上に上がっているSHOOL of RAP の動画です。

・「がーどまんvsTERA_Z」



・「TERA_Z vsよんろく」



「TERA_Z vs T-sawagg」



全試合、重低音のビートが目立つなか、TERA_Zらしい非常に巧妙なビートアプローチと、聞き心地の良

いフロウ、そして「TERA_Z」節全開の人を食ったようなスタンスが見れて、非常に見応えがあるバトルになっています。


U-22にも出場!


10/12に行われたU-22という若手MCのNO1を決める大会にも出場したのですが、1回戦であのフリースタイルダンジョンを制覇した若手最強の呼び声高いMCニガリと戦い負けてしまいました。


View this post on Instagram

TERA_Z vs MC☆ニガリ

戦極MCBATTLE 代表 MC正社員さん(@sengokumc)がシェアした投稿 -




・ニガリとのバトル



野球部の下から意味の通ったニガリのスキルフルなラップに軍配が上がりましたが、TERA_Zも負けていません。




バトルに対する情熱は戻ったのかわかりませんが、個人的には今後もTERA_Zにはバトルに出続けて欲しいと思っています。


僕の記憶が正しければ、TERA_Zはまだ大きな大会での優勝歴がないはずなので、彼が優勝して押しも押されもしないラッパーになるのが楽しみです。


TERA_Zの音源


最後に彼の音源を紹介します!


【和】feat TERA_Z.SHAM-ZO.野武士.MAKA,shima(proby.AguraBeatS)


何かとTERA_Zと比較されることの多いレゲエラッパー「MAKA」のフューチャリングの曲です。

MAKAとTERA_Zはラップのスタイルが近しい部分があり、2 on 2で一緒に組んで戦ったこともありま
す。




曲全体を通してピースフルな雰囲気でメロディアスなラップなので、ラップにそこまで明るくない方でも

聞ける非常に聞き心地が良い曲となっています。



「TERA_Z/ONE MINUTE file83/藤沢宿 Records」




TERA_Zらしい自由でのびのびした気持ちになれる素敵な一曲です。

コメント欄にあったのですが、「CHEHON/みどり」に曲調が似ています。

落ち込んだ時に聞くと元気になれる曲だと思います。



・「CHEHON/みどり」




まとめ

以上、音を楽しむ風来坊「TERA_Z」の魅力に迫った記事でした。

数多くTERA_Zのツイートやバトル動画を見てきて、彼の魅力は何にも縛られない自由でそれでいて

自らを変に強く見せないまつろわぬアティチュードにあると感じました。

バトルの勝敗にこだわらず純粋のに音を楽しむスタンスは人によって好き嫌いが分かれ、バトルによってはそれが裏目に出てしまうこともありますが、僕はそれが彼の人間らしさであり、一人の人間として尊敬する部分だと感じています。


管理人が今一番好きなラッパーなので今後の飛躍を期待して彼の動きを追っていけたらいいなと思っています!


それではまた次の記事でお会いしましょう!







 

こんにちは、「MCバトラー名鑑」です!

本日は「最ッ低のMC」のビートが使用されたバトルを紹介していきます。





  •  「最ッ低のMC」とは
現在(2018年10月時点)テレビ朝日放送中のフリースタイルダンジョンでラスボスを務める

「般若」
の5枚目のアルバム「HANNYA」に収録されている曲です。


スクリーンショット 2018-10-30 12.39.49




HANNYA
般若
エフ・エス・エイ・アンド・アール
2009-06-24



 



LIVE映像ですがYoutube上でも聞けます。





早速このビートが使用されているバトルを紹介していきます。



  • バトル集



・THE罵倒 2017 -CYPHER本戦・GRAND CHAMPIONSHIP-KOOPA vs サイプレス上野




(13:54~から)




・Takuto vs TERA_Z | 第3回MRJ(MR日本語ラップ)

  




・凱旋MCbattle東西選抜予選.準決勝K'ill vs Mush






・GADORO vs 輪入道/ADORENALINE 2016





・K-razy vs MAKA 凱旋MCbattle 東西選抜決勝戦






・MC龍 vs ゴギガギガギゴ(9for)|第4回MRJ(MR日本語ラップ)BEST8
(延長戦)



(延長戦に使用されているので2:38〜です。)



・2014 UMB 東京予選 DLSAMPLE  MCニガリvsACE


(1:27〜)



  • まとめ


このビートが使用されているバトルでは、原曲のフック(サビ)部分である、

「ギドラ ブッダ 雷 ペイジャー 俺が狂ったのは奴らのせいさ」

の部分をサンプリングするMCが多いです。

(体感的には6割くらいのMCがサンプリングから入っています)

中でも個人的にお気に入りのサンプリングは、takuto vs TERA_Zの1バース目です。

大麻の種類?を挙げています。

彼自身が大麻を吸って捕まったことがあると言う事情を鑑みると、

バースの当意即妙さが引き立ちます。

今、僕の中でTERA_Zはお気に入りのMCなので、これからの飛躍を期待しています!



ここであげたバトル以外にもまだまだ使用されているバトルは多いので、もし知っていたら

コメントお願いします!


それではまた次の記事で!


↑このページのトップヘ